読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元公務員やすのタラレばなし   

私が失敗のない経歴を歩んできた理由

f:id:highballys:20170301200755j:plain

 

都庁辞めるまでの私の経歴は、華やかではないけど、それはもう堅実で「立派だね」って言われる感じのものでした。高校は地元の県立トップ校に行って、有名私立大学と大学院にストレートで入り、留年せず卒業し、新卒で都庁に就職。

 

 

見る人によっては、「失敗なんてしたことなんでしょ」って感じるくらいだと思います。(自分の中では挫折も失敗もいっぱいあったけどね。あくまで履歴書に残る部分の話。)

 

 

私が失敗してこなかったのは、もちろん努力してきたからだし、きっと運が手助けしてくれた部分もあるけど、もう一つ理由があることに気が付きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは私が入都一年目のころ、同期や若手の先輩数人でお昼を食べていたとき。

雑談のなかで、それぞれがどうして東京都に入ったかの話になった。ある先輩は子供の頃から道路がつくりたかったから、公務員になる以外考えたことなかったという。道路を整備する部署にいるその先輩は、今の仕事はまさにやりたいことだと嬉しそうに話していた。

 

 

私はその先輩の話に嚙みついていた。

「そんな子供の頃の夢を叶える人はまれだ。」と。

 

 

私は幼い頃から図工や工作、裁縫等、ものづくりが好きだった。中学の頃から服に興味を持ち始め、高校生の頃、服が好きだから服に関する仕事に就きたいと思った。でも服飾系の仕事だと、デザインセンス・才能が必要。誰もがそれで食っていけるものではない、という理由でデザインの道は選ばなかった。

 

 

そんな話をした私に対して、その先輩は驚いたように言った。

 

 

「そんなこときにしてたの(笑)」

 

 

(笑)がついていたけど、別に私をバカにしているわけではなくて、そんなこと気にしなくて良いのに、と素直にびっくりしていた。

 

 

そのとき、自分でもふと思った。

 

 

あれ、私、そんなこと気にしてたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、私が失敗のない経歴を歩んできた理由は、なんでも成功させるスーパーマンだったわけではありません。「自分のやりたいことにすら挑戦せずに、安全で失敗しない道を選んで来たから」でした。

 

 

都庁を辞めた今、世間一般で言う「失敗のない経歴」からはどんどんかけ離れていく予感しかしません。こんな私を見て、陰で笑っている人もいるかもしれません。

 

 

でも、私は自信をもってこう言います。

 

 

私、失敗するかもしれないけど

絶対後悔しないので!!